スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重曹でバスルームのお掃除

バスルームには水垢やカビなど、ガンコな汚れがたくさんあります。
重曹はこのような汚れにもとても効果的です。
重曹でバスルームを掃除するときはまず
重曹ペーストを用意してください。
重曹ペーストの作り方は簡単、
水1:重曹1の割合でよく混ぜればできあがりです。

バスタブの内側に着いてしまってなかなか落ちない水垢も
重曹ペーストをつけてスポンジで軽く擦ってみてください。
重曹の研磨作用で簡単にきれいにすることができます。

蛇口の周りについた水垢や石鹸カス、白く石灰化したこびりつきも
重曹できれいにしてしまいましょう。
ステンレス部分かピカピカになると本当に気持ちがいいですよ。

まず全体的に曇ってしまった蛇口は
重曹ペーストを使って擦ればきれいになります。
ただ、どうしても細かい部分などはスポンジでは擦りにくいので
重曹ペーストをつけて指で擦ったり細い棒状の道具を使うなどしてください。

重曹ペーストで全体を磨いても残念ながら
水滴の輪染みのような物や、白く石灰化したこびりつきが残ってしまうと思います。
これらの汚れにはクエン酸や酢などを使いましょう。
クエン酸を水に溶かしたものや酢をスポンジにつけて擦ると
ほとんどの水垢はきれいに落とせます。
これでも落とせないガンコなこびりつきはつけ置き洗いできれいにしましょう。
クエン酸や酢をキッチンペーパーなどに浸し湿布をしてください。
キッチンペーパーが乾いてしまわないように時々水分を足してください。
1~2時間したらキッチンペーパーをはがしてみましょう。
ほとんどの場合すでに汚れは分解されキッチンペーパーに吸収されていますので
シップをはがしたときにはピカピカになったいるはずです。
汚れが残っていても湿布していたキッチンペーパーで軽く擦ればすぐにきれいになります。
シャワーヘッドなどにこびりついた汚れは湿布するよりも
洗面器などにクエン酸または酢を溶かし
そのままきれいになるまでつけておいたほうが簡単でしょう。
かなりガンコだった汚れも指で擦るだけでぽろぽろと剥がれ落ちて行きます。

床や壁についた水垢やカビも
重曹ペーストとスポンジできれいにしてください。
どうしても落ちない汚れには
重曹ペーストを塗り、しばらく待ってみてください。
重曹ペーストは洗剤と違い流れ落ちてしまわないので
簡単に汚れにパックをすることができます。

最後に排水口も重曹できれいにしてください。
排水溝の周りのヌメリや水垢は重曹ペーストをつけたスポンジで擦れば
簡単に落とすことができます。
なかなか掃除しにくい排水口になか、つまり配水管には
重曹を直接振り入れてください。
このとき酢も一緒に流し込むとより効果的です。
手話手話と泡立ちながら汚れはどんどん落ちていきます。
仕上げに熱湯を流し、すすいでください。
いやなにおいもすっきりと取れます。

バスルームがきれいになったら
脱衣所や洗面所もきれいにしてしまいましょう。

洗面台の鏡は
重曹を溶かした水をスプレーしてから拭き上げてください。
スプレーする以外は普通に拭き掃除をする感覚です。
曇ってしまった鏡もこれだけで見違えるようにきれいになります。

蛇口周りはバスルームと同じ要領できれいにしてください。

洗面ボウルの中は重曹ペーストとスポンジできれいになります。
重曹の研磨作用で汚れはどんどん落ちますので
軽く擦るだけで十分です。

排水口の中はバスルームの排水口と同じ要領できれいにできますが
泡が出ている間は排水口に栓をしてあげるとより効果的です。

オーバーフロー穴は重曹ペーストを歯ブラシにつけて擦るといいでしょう。
関連記事

テーマ : 片付け・収納・お掃除
ジャンル : ライフ

sidetitleスポンサーリンクsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleスポンサーリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:bakingsodaclean
重曹にはいろんな使い方があるんです。
掃除や洗濯、美容にも重曹は大活躍です。
重曹の効果をぜひ実感してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。