スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重曹の効果(その4):発泡作用

重曹の効果(その4):発泡作用


重曹の大きな特徴として発泡作用があります。
二酸化炭素の細かい泡が発生する働きは掃除料理に大活躍してくれます。
特に重曹レシピのほとんどは重曹発泡作用が上手に利用されています。


ひとことで重曹発泡作用と言っても重曹発泡する仕組みは大きく分けて2つあります。

1つは熱による発泡です。重曹は加熱することで成分が分解され炭酸ガスを発生させます。
重曹レシピに欠かせないケーキやパン生地がふっくらと脹らむのはこの炭酸ガスの働きによるものなのです。

重曹は熱だけでなく酸によっても発泡します。
重曹の成分である重炭酸は弱アルカリ性です。そのため酸性の物質と反応するとたくさんの炭酸ガスを発生させます。
また、酸性の物質と反応した時の重曹は加熱による発泡作用より多くの炭酸ガスを発生させます。


てんぷらの衣に重曹を入れればフワッと揚げることができ、レモンと水と合わせれば重曹レモン水に。
重曹発泡作用でいつもの料理をワンランクアップさせてみてはいかがですか?
そして汚れにかければガンコな汚れも発泡しながら中和させ浮き上がらせてくれます。

重曹掃除料理に大活躍してくれるのは、この『重曹発泡作用』が大きく関わっているのです。

関連記事

テーマ : 重曹
ジャンル : ライフ

sidetitleスポンサーリンクsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleスポンサーリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:bakingsodaclean
重曹にはいろんな使い方があるんです。
掃除や洗濯、美容にも重曹は大活躍です。
重曹の効果をぜひ実感してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。